ご挨拶  

 大学受験中心の英語塾だった丸亀の教室に10年ほど前から小学2・3年生の入塾希望が増えてきました。教えてみて「正しい学習をこの年齢から始めれば、高校前半には大学入試レベルの英語が身につく」ということが分かりました。小学生でも英検3級、そして中学生では英検準2〜2級に自然に合格します。

  7年前に募集を停止して4年前にリタイヤ生活をセブ島でと考えて日本を離れるまでの短い期間でしたが、2名はアメリカ東部の有名高校に正規入学して、現在はシラキュース大学とボストンの名門女子高校で学んでいます。他の生徒も全員地域一番の進学校に合格しています。その後も7〜8名の生徒がセブや高松にいる私の授業をオンラインで受けつづけてくれていました。今では、丸亀高校補習科生で入塾8年目になる医学部志望のお姉ちゃんと入塾7年目の観音寺一高3年生の妹さんのお2人だけになってしまいましたが、、 

  フィリピン人の英語は訛があるのでは?という質問をよく受けます。はい、一般的にはフィリピン訛がありますが、英語が公用語のフィリピンには奇麗な英語を話す先生がたくさんいます。彼らを見つける一番簡単で確かな方法は一流大学の教育学部の英語科卒の先生を選ぶことです。最初に来たサム先生はセブのノルマル大学、そして今回加わったリン先生はミンダナオ大学の教育学部英語科を卒業しています。リン先生は英語の教員免許(LET)も持っています。

  彼らはフィリピンではエリートと言えますが、日本と較べると経済的には恵まれません。多くの場合彼らの収入が大家族を支えています。だから、根気強くとても熱心に教えてくれます。この点が、日本に来ている英米人の先生よりもずっと日本人に適していると確信する理由です。一度体験レッスンでお試しください。

 


代表・塾長 谷川略歴

 ー通訳案内士・英検1級ー 

輸出入商社在籍中に世界の30ほどの国々を訪れビジネスを展開。その後、英語講師としていくつかの予備校や社会保険庁の講座の教壇に立つとともに、大学受験専門の英語塾を主宰。その間、英語の早期教育の必要性を痛感して、小学生から英語学習を始めて継続的なとび級学習により英検準1級(難関大学合格)レベルに高校2年生で到達させるコアダイレクトメソッド(CDM)を開発。