「留学倶楽部」のご案内

 

お子様の英語教育の更なる一助にと考え、このたび下記のような思いで主にフィリピンへの留学を目的とした「留学倶楽部」を設置します。別紙のような要領で英語教育とともに留学のご相談にも応じたいと思います。

 

ご存知のように昨今は、日本人と英語を取り巻く環境が激変しております。当校も開校4年が経ちまして、お預かりしているお子様たちも小学高学年~中学生が多くなりまし。お子様の将来を考えると留学という選択肢も用意しておかなければと考えてこの年末年始休みを利用して、フィリピンのセブ島のセブ市とネグロス島のドマゲッテ市、そしてシンガポールに行って参りました。

 

以前1年ほどセブ市に暮らして5年ほど前に高松に戻りましたが、そのとき手がけた小さなビジネスが縁で現地の日本人やフィリピン人とのとても大きな信頼関係を築くことが出来ています。

 

私の友人のお子様は、5年前には小学校低学年生であったお姉ちゃんが今は12歳、おとうと君が10歳になっております。あの頃はフィリピンに来たばかりで、他の日本人のお子様と同じように英語学校でアップルとかオレンジなどといった英語を習っておりました。

 

彼らはその後セブの小学校に通い始めたのですが、先日ご家族との会食の折りには、なんとお二人の間ではもちろん、英語の達者なお父さんとはずっと英語で話をしています。私よりずっと上手なアメリカンイングリッシュです。たった4~5年です。皆さんはどのように感じるでしょうか?

 

5年前、彼はセブに移住する目的は主にお子様の教育と仰ってました。そのときの私の感想は、「日本語が、、心配、、」と言うものでした。その後環境は劇的に変化しました。専門的な議論はここでは省きますが、英語も日本語もネイティブ並み、つまりバイリンガルのメリットは今や計り知れません。

 

留学といっても、地域・年齢・期間などとても多岐にわたりますが、大きく2つに分けて、、

 

①  アメリカ・カナダ・欧州・オセアニア

②  アジア留学ーフィリピン留学

 

当校では②のフィリピン留学だけに絞って案内させていただきます。他の地域への留学についてはご希望があれば信頼できる専門業者をご紹介して協力してアドバイスいたします。

 

フィリピン留学だけでも次のような段階・種類に分けられます。

 

①  大学正規留学-アテネオ大学、フィリピン大学、サンカルロス大学、などフィリピンの有名大学への進学

②  高校、中学、小学校正規留学

③  短期英語留学ー春夏冬休み期間中

1.ジュニアキャンプ-セブ、ドマゲッテ、など

     日本の空港から引率者とともにお子様だけで参加します。日程は固定されます。

2. 親子留学-お母(父)様とお子様がご一緒に参加します。日程は選べます。

 

私の友人のご姉弟は上の③ー2.→ ② と進んでいるところですが、このあとセブの中学・高校と進んで、①の段階では日本や諸外国の大学も視野に入るでしょうが今はまだ白紙のようです。

私の友人のその方はセブでの事業の1つとして、AirBandBとヘルパーさんの管理を行っています。

AirBandBというのは、民泊の一種でフィリピンは世界でも一番AirBandBが発達していてプールやジムのついた30~50平米ほどの高級マンションに2~4千円ほどで宿泊できます。もちろん、TV・冷蔵庫・洗濯機・電気釜・台所用品など生活に必要なものは全て揃っています。徒歩圏内にコンビニやレストラン・カフェがあり大きなスーパーへもタクシーで10分ほど(200円ほど)で行けます。お子様用のアクティビティ(ボクシング、体操、ギター教室、など)もお母様用のもの(スパ、ネイル、ヨガ、フィトネス、ボクササイズ)も日本では考えられないほど格安です。高くて1回千円程度ではないでしょうか。

 

今回お子様の(特に英語の)成長ぶりに驚き、詳しく聞いているうちに、もし希望があれば、ヘルパーさんつきのAirBandBに10日ほど親子で泊まっていただいて、優秀なヘルパーさんと日常生活や様々なアクティビティを英語ですごすことによって彼のお子さんと同じように自然に英語を身に付ける体験はどうだろうと提案されました。また、彼のお子様やお母様と直接お話を聞ける機会も持てるということです。ところが、残念ながらこの企画は優秀なヘルパーさんの確保が難しく1〜2家族限定ということです。

 

そこで、これを機会に当校は「留学倶楽部」を設置して、日頃から英語だけでなく(主にフィリピンへの)留学のご相談もおうけします。現地の友人の協力を得てまた現地の英語学校と提携してできるかぎり正しい情報を提供して行きたいと思います。

 

 

R2年1月12日

イングリッシュコア

 

 

 

 

留学倶楽部

 

 

下記①~③のようなフィリピン留学についてご案内させていただきます。他の地域への留学については大まかなご相談には乗れますが、具体的にはご希望があれば信頼できる専門業者をご紹介いたします。

 

 

年会費:1万円/1人

    *おひとり増す毎に5千円追加お願いします。

スタートアップ費用:2万円/ひと組

*ご相談を経て具体的に学校に問い合わせなどを始める段階でお納めいただきます。後日のお申込の際には、お申込金の一部に充当いたします。

 

 

フィリピン留学

 

①  大学正規留学-アテネオ大学、フィリピン大学、サンカルロス大学、などフィリピンの有名大学への進学

 

②  高校、中学、小学校正規留学

 

③  短期英語留学ー春夏冬休み期間中ー現地の英語学校と提携してご紹介します。

1.ジュニアキャンプ-セブ、ドマゲッテ、など

     日本の空港から引率者とともにお子様だけで参加します。日程は固定されます。

2. 親子留学-お母(父)様とお子様がご一緒に参加します。日程は選べます。

 

④  海外親子生活体験inCebu ー eコア独自企画ー1家族様限定

 

例)親子2名1部屋/9泊/10日

 

概算合計費用:  25万円程度

お申込金:    12.0万円(企画、現地コーディネート、人材紹介・手配費用、など)

その他の費用:(現地にて実費お支払) 13万円程度(宿泊、食費、オンライン英語レッスン、アクティビティ、など)

ご注意:上記の他に航空券代(7万円程度)や渡航関係費用と海外旅行傷害保険料は別途かかります。

 

 

 

2020春休み短期留学

 

1)IDEA CEBU

期間:3月23日〜4月3日

費用:173,000円/お子様お1人

*日本の空港から、お子様1人で引率者のいるIDEAのグループに入って団体で行動します。

 

2)Universe-Cebu

期間:任意、例)3月26日〜4月4日

費用:349,000円/ 親1人子1人

*お母(父)様とお子様でセブの空港まで行けば英語学校が迎えに来ています。

 

上記は他社企画の例です。ほかにもいろいろございます。

   

3)イングリッシュコアー海外親子生活体験inCebu

eコア独自企画ー1家族様限定

期間:任意、例)3月26日~4月4日

費用:約250,000円/ 親1人子1人(概算)

お申込金: 12.0万円(お申込時お支払)

(企画、人材紹介・手配費用、空港送迎、現地アクティビティコーディネート、など)

その他の費用:13万円程度(現地にて実費お支払) 

(宿泊、食費、オンライン英語レッスン、アクティビティ、など)

 

ご注意:いずれの企画も上記の他に、航空券代(7万円/1人程度)や渡航関係費用と海外旅行傷害保険料が別途かかります。

 

 

手順の詳細:

 

① 「留学倶楽部」へのご入会

2020年春休み短期留学について詳しく紹介とご説明をさせていただきます。

 

② 1)や2)の他社企画を選ばれた場合は、申込書と一緒に上記費用をお支払いただきます。

 

3)のeコア独自企画を選ばれた場合は、

日程を決定して、申込書と一緒にお申込金をお支払いただきます。

 

以下は3)のeコア独自企画の場合の手順です。

 

③ 航空券を手配していただきます。お手伝いいたします。

 

④ 滞在マンションの選定をしてお支払を済ませていただきます。これもお手伝いいたします。

 

ここまでは早めに行います。 

 

⑤ その後現地と相談しながら、アクティビティやオンラインレッスンを順次決めていきます。これらのお支払と食費は現地でご自分でお支払いただきます。