· 

中2までの内容を今年からは、小学5・6年で習うそうですが、、!?

SNSで大学入試への民間試験の導入について熱い議論をよく見かけますが、こっちの方が身近で大事だと思うのは私だけでしょうか?

 

高松市では、この4月から英語が週2回の正式科目になって成績がつきます。教科書「We Can」は出来ています。

 

(私見も入っていますが、、)現行の中学校の教科書と較べて、

その特徴は;

 

1)多くの「語彙・表現」を、「聞いて・見て」→「分かり・音にできる」が狙いのようです。

 

要は「音」としての英語です。これは当たり前のことですね。「耳と口造り」から始めないから、その後頑張っても身につかないのですね。

 

具体的には;

 

2)単語数は、現在中学3年間でおよそ1000語ですが、今年から小学5・6年生で700語程度となります。

 

「書くことを求めない」から可能になります。

 

3)現在の中2までの表現を小学5・6年生で習います。

 

「文法のまとめを扱わない」から可能になります。

 

テキスト「We Can」は、多くの英会話スクールで使っているものに近く、もっとコンパクトになって日本人の先生にも使いやすくなっています。

 

この方向性は、一般の塾では対応が難しそうです。

 

アルバイトの先生が「出来合いのプリントを解かせて解答・解説」パターンにはなじみません。

 

英会話スクール的な学習が求められますが、「外人さん」に丸投げでは無理ですから、実力のある先生が教えている街の小さな英語教室に頑張って欲しいと思います。

 

私も、◯体に◯◯打ってもっと働きますww